コンクリート構造物の調査診断、補修・改修・補強の太平洋テクノ

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 03-3805-6521
  • ホーム
  • 会社情報
  • 調査・診断
  • 施工事例
  • 材料
  • 工法
  • 採用情報
HOME > 調査・検査

調査・検査 Survey / Diagnosis

補修・改修に先立ち、事前に調査・検査を行い、構造物の劣化状況を把握します。
実施内容として、事前調査、目視調査(外観調査)、非破壊検査、詳細調査を行います。

1.事前調査

設計図書(竣工図)を参考に構造物の現状(築年数、コンクリート強度他)を把握し、バックデータとして記録に残します。

2.目視検査(外観検査)

現地にて目視調査を実施します。外部からひび割れ、錆汁、コンクリートの剥落、鉄筋露出などの劣化状況を記録します。併せて周辺の環境も記録にとどめます。

3.非破壊検査

診断機器を使用し、非破壊にてコンクリート内部の状況を把握します。

鉄筋位置・かぶり厚さ調査
鉄筋位置・かぶり厚さ調査
圧縮強度推定
圧縮強度推定
ひび割れ深さ調査
ひび割れ深さ調査

4.詳細調査

コンクリートを採取し、詳細調査を実施します。

コンクリートコア採取
コンクリートコア採取
圧縮強度測定
圧縮強度測定
中性化深さ測定
中性化深さ測定
塩分量調査(簡易法)
塩分量調査(簡易法)

5.目視(外観)調査結果例