コンクリート構造物の補修・改修・補強、リフリート材料の太平洋テクノ

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 03-3805-6521
  • ホーム
  • 会社情報
  • 調査・診断
  • 施工事例
  • 材料
  • 工法
  • 採用情報
HOME > 工法 > リフリート工法

リフリート工法 Refrete

概要

リフリート工法は、鉄筋コンクリート構造物の劣化防止、耐久性向上を目的として開発された躯体改修工法です。
リフリート工法は、中性化、塩害などの劣化原因別に劣化抑制仕様のRF仕様または塩害防錆仕様のDS仕様を選択し、より効果的な躯体改修を図ります。
リフリート工法では、強度、熱膨張率、弾性係数などの諸物性がコンクリートに近く、耐久性、防水性、長期接着性、耐摩耗性、耐衝撃性に優れたポリマーセメントモルタル類を使用しています。
さらに、リフリート工法では、劣化症状、施工条件に応じた各種断面修復工法を用意しています。

特徴

RF仕様
中性化した鉄筋コンクリート構造物の耐久性補修に適応します。

RF仕様の補修イメージ本工法は特殊な浸透性アルカリ性付与材「RF-100」の塗布によって、劣化した躯体にアルカリ性を付与すると同時に表面を強化して、コンクリートを化学的にかつ物理的にリフレッシュする工法です。さらに、「RFモルタル」、「RF防錆ペースト」で覆うことにより、水や炭酸ガスなどの侵入を防ぎ、以降の中性化防止と鉄筋の腐食抑制効果を高めます。

DS仕様
塩害により損傷を受けた鉄筋コンクリート構造物の耐久性補修に適応します。

DS仕様の補修イメージ本工法は、上記記載のRF仕様を基本に亜硝酸リチウムを主成分とした塗布型防錆材「DS-400」をコンクリート素地に塗布することで防錆成分がコンクリート中に浸透拡散し、鉄筋表面に緻密な被膜(不導体被膜)を形成し、鉄筋の腐食を抑制する工法です。
用途としては、塩害により損傷を受けた橋脚、橋台、高覧などの土木構造物や海岸近くに位置している集合住宅、事務所、などの建築構造物が対象となります。

 

施工フロー

RF仕様施工フロー
DS仕様施工フロー